検索
 

2013年07月24日

安倍政権の正統性にケチをつける連中の人権は剥奪せよ





 日本人の民度の高さを見せつけて安倍自民党政権の大勝となった参議院選挙。だが、それにケチをつける反日組織が牙をむき始めた。一票の格差が是正されない参院選は憲法違反で無効であると提訴したからである。しかしこの提訴こそ憲法違反である。
 
 選挙によって安倍政権は正当性を得た。したがって選挙を無効にするということは国民の信託を裏切るものであり、決して認めることはできない。不正選挙があったというのならばまだわからなくもないが、そういうことはむしろ提訴したグループのお仲間の得意技であろう。自民党は清廉潔白な政党だからそんなことはしないのである。

 このような連中には正義の鉄槌を下さなければならない。そもそも憲法を盾に好き勝手をしている連中だ。したがって権利の乱用となり、法律の保護に値しないことになる。だからこそ自民党の進める改憲が鉄槌にはちょうどいいのである。

 自民党の改憲案は行き過ぎた自由によって弊害の起きた日本を良くするために自由の制限を加えるのが特徴だ。これは最新の法律理論を取り入れたトレンディなものである。だが提訴集団にはそれすらも生ぬるい。すべての権利を剥奪して間違った考えを起こさないようにするしかないのである。

 安倍総理は国民からの信認がある。一方の原告には誰が支持者がいる?どうせ反日勢力のみだろう。そんな連中が政府に対して楯突くこと自体重大な反逆行為なのである。戦前ならば公開処刑されていたことであろう。
ラベル:一票の格差
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛国先生、あまりにバカ右翼の特徴を織り込んだ文章は禁物です。先生のブログに迷い込んでくる騙されやすい愛国者たちでさえ、賛同のコメントを残して良いものか、迷ってしまうことでしょう。


先生のブログの目的である愛国者フィッシングを充実したものにするためには、もう少し控えめな論旨にした方が良いのではないでしょうか。


獲物がゼロの日は愛国先生も退屈されているのではないか、と愚考しております。
Posted by 愛国支援奇行 at 2013年07月24日 05:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック