検索
 

2013年08月16日

日本は何も悪いことはしていないのだから反省をする必要はない





 15日は終戦の日である。政府が主催する全国戦没者追悼式において安倍首相は式辞に反省の言葉を使わないスタイルを取った。これは非常に正しい在り方である。なぜならば日本は何も悪いことをしていないからだ。したがって反省もする必要はないのである。

 日本は戦争の被害者である。日本は戦争を起こすつもりはなかった。しかしコミンテルンの陰謀で日本は戦争を起こされて仕方なく戦ったのである。コミンテルンは今はないがその後継組織として特定アジアがある。したがって日本を戦争に導いた中国や韓国に対して謝罪と賠償を要求するべきなのだ。

 この事実は近年まで明らかにされていなかった。それは日教組の反日教育で抑え込まれていたからだ。しかし元航空幕僚長の田母神俊雄氏が明かされなかった事実を明らかにしたのである。時の民主党政府は田母神氏を解任して弾圧したのは記憶に新しい。

 だからこそ日本は戦争をした歴史を誇るべきなのだ。そして靖国参拝を堂々と行えばいいのである。英霊を悼む気持ちがなくてもいい、中韓への嫌がらせのために参拝をしてもいい。そういう不純な動機であったとしても参拝をすること自体が愛国的行為なのだから。日本は何も悪くないのである。だから戦争を恥じることはない、戦争を肯定し賛美し早く戦争を起こせるようにすべきなのだ。
ラベル:大東亜戦争
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり愛国先生は素晴らしい。今回も逆説的に尊い教訓を説いおられます。

「コミンテルンの陰謀で日本は戦争を起こされ」た時点で、国家の知的レベルとして完敗でした。「日本を戦争に導いた中国や韓国に対して謝罪と賠償を要求」するのは、恥の上塗りとして世界中から笑いものになろうとも、あえて世界平和のために反面教師となる覚悟がおありなのでしょう。

「英霊を悼む気持ちがなくても」「そういう不純な動機であったとしても参拝をすること自体が愛国的行為なのだから。」とのお言葉も、一部の国会議員を逆説的に諫める、味わい深いご指摘であります。
Posted by 突撃一番 at 2013年08月16日 12:54
愛国先生の為に、明日のブログネタ候補を考えてみました。

◎【「はだしのゲソ」を焚書せよ】(ストレートネタ)

○【イスラ工ノレ元高官の「原爆式典『うんざり』」(の部分)は正論】(一部だけ切り取り&屈折ネタ)

△【日本の誇るバイオ技術で生み出した「進撃の巨人」ならぬ「進撃の巨木艮」で、韓国女性を征服せよ】(エロネタ)

×【高校野球予想】(夏バテ対策)

これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。
Posted by 予想屋 at 2013年08月16日 19:55
Posted by 予想屋 at 2013年08月16日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。