検索
 

2013年08月25日

エジプトは対岸の火事ではない、韓国人から美術品を守れ





 軍による事実上のクーデターから事実上の内戦状態となっているエジプト。そんな中、国立博物館が襲撃を受け収蔵品はほぼ奪われ、大きいものは破壊されると言う前代未聞の状況となってしまった。だがこれは日本にとっては対岸の火事ではない。十分に起こり得ることなのだ。そう、韓国人が襲ってくるからである。

 すでに韓国人は対馬において仏像を盗み出したことが知られている。これを全国的に広めようとしているのだ。そもそも韓国人は芸術を理解できない世界的に見ても稀有な民族。それもDNAがすでに欠陥を抱えているからだというのが常識だが、それをも日本のせいにして攻撃するのだ。

 したがって韓国人は美術館や博物館へ行って盗みを行うのである。韓国人がよく訪れるのは品定めをして何を盗むかを決めているためだろう。もしかしたらルパン三世も韓国人なのかもしれない。そう考えてしまうほど韓国人は盗むことが得意な特異な民族なのだ。エジプトでも韓国人が暗躍していたと考えるのが当然だろう。

 日本人は自衛をしないといけない。そのためにも韓国と国交断絶をして韓国人に芸術を鑑賞する権利を与えないことだ。奴らに芸術は理解できない。金でしか物事を計れない最低最悪の民族なのである。今こそエジプトのクーデターに学び日本人の進むべき道を模索するべきだ。
ラベル:エジプト 韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみにエジプトは、いわゆる「列強」によって多くの文化遺産を持ち去られており、同じように列強に文化遺産を奪われた国々とともに、遺産の返還を求める運動をしています。もちろんその運動には韓国も加わっています。つまりエジプトは、韓国が日本から文化遺産を取り戻すことを支持しているわけです(もちろん窃盗という手段は否定するでしょうが)。
先生はそれでもエジプトの肩を持ちますか?
Posted by エジプシャン at 2013年08月25日 03:31
>日本人は自衛をしないといけない。そのためにも韓国と国交断絶をして韓国人に芸術を鑑賞する権利を与えないことだ。奴らに芸術は理解できない。金でしか物事を計れない最低最悪の民族なのである。

そのとおりだ!
Posted by coffee at 2013年08月30日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック