検索
 

2013年08月27日

日本は国連脱退をしてでも毅然とした歴史認識を示すべきだ





 国連の潘基文事務総長が歴史認識問題について「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に対して敵意をあらわにした。産経新聞の推測では「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとのことで明らかに日本に対する内政干渉と見て間違いない。

 しかし日本はなにも悪くないというのは歴史的に証明された真実である。だからこそ安倍総理は前述の発言や終戦の式辞に反省の表現を使用しなかったのだ。そもそも国連事務総長は国際社会を平和に導くのが仕事のはず。逆に混乱を引き起こそうとするのは最低だ。

 日本はこの恥知らずな国連事務総長をクビにするべく動かなければいけない。歴史認識で問題にするならば、例えばベトナム戦争時において韓国軍がベトナムで虐殺をして強姦をしまくったことを蒸し返してやればいい。それ以外にも韓国の数々の悪行を国連総会の場で暴露すればいい。日本は世界中から好感をもたれているから加盟国も信じてくれるだろう。

 もしもこれで韓国の味方が多数出るようならば国連脱退も視野に入れなければならないだろう。日本は交連分担金を多く出しているので国連的には大ダメージである。金の力で脅せば日本の正しさを思い知るはずだ。そして使わなくなった分担金を朝鮮半島侵攻のために使えばまさに万々歳であろう。

 今こそ日本は毅然とした行動を起こさなければならない。戦前の松岡外相のように堂々と退場をすることもためらってはならないのだ。
ラベル:国連
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、日本は国連を脱退する方が良いと考えている。

国連は日本に対して、これまでも「死刑を廃止しろ」とか「慰安婦に謝罪と補償措置を講じろ」などと言っており、勘違いしているというより確信犯的に狂っているといった方が良い。

日本が国連を脱退するメリットは大きいが、デメリットは皆無に等しい。

国連というのはテロ支援組織であり、国連世界食糧計画(WFP)や国連開発計画(UNDP)やユネスコなどは、共産主義者の巣窟として悪名高い。

北朝鮮なんて、国連機関や外国から援助を貰うために意図的に大量の人工餓死者を出しているが、それをやめさせようともせずに国連機関による援助と人工餓死の大量発生を繰り返している。

国連が死刑の廃止を訴えるのは、共産主義者やテロリストによる共産革命などをし易くするためだ。

従軍慰安婦問題に至っては、馬鹿馬鹿しいにも程がある。

国連分担金は日本にとって酷い税金の無駄使いだ。

日本は毎年約300億円の国連分担金を支払っているが、これは、常任理事国である支那やロシア、事務総長の母国である韓国の何倍も多い。

日本が国連を脱退するデメリットは何もないに等しいならば、共産主義国家やテロ組織への資金の供給を絶つためにも、日本は国連を脱退するべきだ。
Posted by coffee at 2013年08月30日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。