検索
 

2013年12月11日

裏切り者の末路はこんなものだ





 みんなの党の江田憲治前幹事長らが離党届を提出した。少数ながら存在感を示していた政党だが、あえなく分裂。しかしこの結末は当然であろう。そもそも結党の経緯がおかしかったからだ。

 みんなの党は渡辺喜美代表がこともあろうに自民党から離党してできた政党。つまり自民党にとってみれば裏切り者ということになるのだ。とはいえ江田氏は渡辺代表が自民党と手を組んだと言っている。それが事実ならば渡辺代表は自らの愚行の反省をして自民党に謝罪・復党を考えていることになる。これは大変喜ばしいと言っていいだろう。

 とはいえ自民党としても出て言った人間をすぐ戻すわけにもいかないだろう。支持者の反発も当然予想される。だからこそみんなの党と連立を組むのはどうだろうか?おりしも安倍内閣の支持率が10%も下落してしまった状況だからこそ支持率アップのカンフル剤としても期待されるのだ。日本のためにもなる選択肢である。

 みんなの党は目立ちたいと思うばかりに間違ったこともしてきたが、自民党を支えるのならば決して間違ったことはしていないことになる。やはり民主党とは違うということを見せつけなければならないだろう。そして自民党を敵対視する江田一派には正義の鉄槌を下すしかないだろう。
ラベル:みんなの党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正義の鉄槌まさにその通り。
そしてそれは国民を裏切り自民党に擦り寄るという江田以上の愚行をやらかした渡辺にこそ相応しい末路です。
Posted by MRX at 2013年12月11日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック