検索
 

2014年02月14日

安倍首相は自民党内の反日スパイを抹殺し、愛国政治を進めるべきだ。





 安倍首相は衆院の予算委員会で、憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認をするために「自らが最高責任者として決める」と表明した。この発言は日本を守るという意思表示の表れであり、何もおかしなところもなければ騒ぎ立てるような代物でもない。しかし反日左翼マスゴミは「立憲主義の否定」とデタラメを堂々と書くのである。

 立憲主義の否定とはすなわち安倍首相は憲法を破壊しようとしている、そう言いたいのだろう。確かに憲法が正しいというのならばその意見にも一理あるだろう。しかし対象としている憲法は間違っている憲法なのだ。したがって立憲主義の否定は当然であり、憲法を憎み破壊することは当然の権利なのである。

 安倍首相に歯向かうのは反日左翼だけである、そう思っていた。しかしこともあろうに自民党から安倍首相に歯向かう売国奴が出てきたのだ。村上誠一郎・野田毅・船田元・野田聖子らがこの件で安倍首相に対して罵倒をしたのである。お前たちはどこの党の人間なのだ?そう思わざるを得ないほどの反日発言である。安倍首相は愛国者だからこういうところでの間違いはない!したがってそれに異を唱える村上・船田・両野田は敵国のスパイであると断言できるのである。

 自民党は選挙で大勝したがゆえに敵国のスパイも抱え込む羽目になってしまったのである。これでは本末転倒である。一刻も早く安倍総理はこれらスパイ議員に対し除名をし、政治家生命の抹殺を行わなくてはいけないだろう。すでに民間ではスパイ議員に対する攻撃が呼びかけられている。自民党も決断すべきだろう。




 自民党が内紛を起こしては日本のためにならない。そしてこいつらが内紛を自民党に起こして日本を混乱させようとしている。自民党はたとえ数議席を失うことがあったとしても毅然とした対応をしなければいけない。自民党には数議席程度ならばなくしてもいい余裕があるはずだ。悠然と構えて敵を殲滅すればいいのである。目先の数議席が大量の議席を失うことにもなりかねないのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛国先生!本当かどうかはわかりませんが北朝鮮政府は大日本帝国残党の亡命政権みたいです!
だから北朝鮮の周波数は愛国先生と一致してるのですか…?
Posted by 愛国先生サポーター at 2014年02月14日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック