検索
 

2014年05月14日

美味しんぼは日本の敵である





 反日漫画『美味しんぼ』の鼻血問題だが、ついに超えてはならない一線を越えた。「鼻血の原因はひばく」と断言したのだ。しかし、それがデタラメであることは言うまでもない。専門家も「ありえない」と発言している。つまり原作の雁屋はデマを流す犯罪者と言うことだ。

 こういうことが出来るのも雁屋が反日サヨクであるからだ。前にも書いたように美味しんぼは「戦時中に朝鮮人の強制連行があった」という捏造を堂々と描いているのだ。その他にも「中国や韓国は大変素晴らしい国、日本は中韓の奴隷になるべき」という内容の話も書いて物議をかもしたこともあった。

 そのほかにも雁屋は、「マンガ日本人と天皇」「黒鍵(くろのキー)」という天皇陛下を悪の権化とみなすようなおぞましい作品の原作を書いている。極めて特定の思想に偏った反日の代名詞と言える狂った作家なのである。だからこそ雁屋を社会的に抹殺して、悪書が二度と流通しないように対応しなければならない。

 福島は安全である!それは多くの愛国者が唱えていることからもわかるであろう。雁屋が福島を敵視し、危険だと煽るのも福島を無人の土地にして中韓に貢納したいがためである。そう考えるのが論理的であるというものだ。


posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人民のみなさん、冷静に考えて下さい。私も最近、とても疲れやすく、鼻血が出ます。それどころか下血しています。
このブログの画面から人体に有害なレベルの強い放射線が出ているのは間違いありません。
人民の敵、愛国先生は日本人民に対して放射線による攻撃を行っているのです。

しかし、愛国先生は我々人民の力を見縊っています。我々日本人民は、人民の敵を決して許しません。PCの前に鉛の板を立ててでも、人民の敵、愛国先生を監視し続けるでしょう。
立ち上がった人民の手で鉛の弾丸が撃ち込まれ、愛国先生が息絶えるその日まで、日本労働人民の監視と包囲が止むことはありません。
Posted by おぼこ はるこ at 2014年05月14日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック