検索
 

2014年05月31日

石原氏は腐ったミカンを追い出して正解である





 日本維新の会の石原慎太郎・橋下徹共同代表が会談をして分党をすることを決定した。結党から1年半を迎えたが、橋下のあまりの独善ぶりに温厚な石原氏もついに耐え切れなくなってしまったようだ。そもそも維新の会ができたのも橋下が石原氏の人気と威光にあやかってすり寄ってきたものであり、自らが頭を下げてきたのにお山の大将気分が抜けきれなかったのも原因だろう。

 この分党で石原氏側につくのは15人程度と言う声が出ている。しかし大切なのは人数ではなく愛国心である。正しいことを貫き通すことが重要なのである。そもそもこの分党には橋下が結いの党との合併を模索していたことがきっかけであるが、結いの党は極左政党であり日本を崩壊させようとする意図を持っている政党なのだ。石原氏と共に行動する国士・中山成彬議員もそう語っている。



 とはいえ維新として活動して良かった面もある。客寄せパンダとして橋下をしゃぶり尽くすことが出来たからだ。このことで自らの勢力下を拡大させることもでき、さらには愛国者としての地位を更に高めることもできて一石二鳥であった。橋下一派は腐ったミカンであるからさっさと処分をしなければいけない。このまま橋下と一緒になっても福島のような結果になるだけであろう。

 いまこそ石原新党が公明党を追い出し自民党との連立を成し遂げるべきであろう。なぜならば石原新党は憲法感が愛国的で正しいことを考えているのだから。カルト政党の公明党を駆逐して祖国に帰すためにもこの分党は必要不可欠なのだ。橋下のことだから公明党でも使えると思えば恥も外聞もなく利用するはずだ。真の愛国者ならば公明党など利用せず切って捨てることの方が大切なのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腐ったミカンである石原が抜け、政界からもいなくなれば幾らか健全化されるでしょう。
Posted by MRX at 2014年05月31日 07:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック