検索
 

2014年06月23日

パチンコ税こそ日本を救う愛国税です





 政府・自民党内でパチンコ税を作る考えが明らかになった。法人税の実効税率の引き下げに伴う税もので、パチンコやパチスロの換金時に徴税するという。税率1%で2千億円の財源が生まれるとの試算もある。これは大変素晴らしいことである。なぜならば今までパチンコは特権を受けて好き勝手をしていたからだ。

 パチンコ利権を握っているのは在日である。パチンコの大半は在日が経営者である。だからこそパチンコ店の駐車場で子供が熱中症にかかって死亡したりするのだ。その時点で健全なギャンブルとはいえない。健全なギャンブルとは純粋な日本人が経営しないとならない。だからこそパチンコ税を在日追放の一里塚にすべきなのだ。

 そのためにはまずは一律で課税をする、そのうえで在日の経営するパチンコには100%の増税をかけて日本人の経営するパチンコにはそのままにするのだ。そうすれば税金を払いたくなくなるから在日はパチンコを手放すだろう。これで日本のパチンコ業界は正常化される。

 パチンコ税は法人税の穴埋めのみならず、国民も喜ぶ。税金の補てんになるし、税収もあがる。そしてなによりも在日にダメージを与えることができて日本人が愛国心を涵養できるのである。まさに至れり尽くせりではないか。今度はパチンコ税のみならず数々の在日税を作り上げ法人税を無くし消費税と在日税以外は全廃すべきだろう。
ラベル:パチンコ
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック