検索
 

2014年09月14日

小保方が熱烈な朝日新聞の読者ならばすべて辻褄が合う





 将来の医療における画期的な事件である。理研と先端医療センター病院がiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜の細胞を、目の難病「加齢黄斑おうはん変性」の患者に移植する臨床研究の手術を行ったのである。患者は手術後に今までの違いを実感したという。まだ実験の段階とはいえ、ここまで進歩するのは大変すごいことであり将来的にはもっと多くの病気がiPS細胞で治せることであろう。

 さて理研と言えばSTAP細胞のごたごたで信頼度がガタ落ちの組織。そしてその中心人物の小保方晴子はいまだ表舞台から姿を見せない。今頃は雲隠れをして何をしているかわからないがはっきり言ってろくでもないことであることだけは間違いない。さてこの小保方晴子だが、熱烈な朝日新聞の読者であり支持者であったらどうだろうか?そのような証拠はないのだが、実はいろいろな根拠からそう読み取ることが可能なのである。

 小保方の件からさかのぼること2年前に同様の事件が起きたことがあった。iPS細胞の発見者である山中教授がノーベル賞を取った直後に、iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施したと森口尚史が発表したことがあった。もちろん今となってはそのような事実はなく、森口は実はコメディアンだったということで決着している。実はこの森口の件を大々的に報道したのが朝日新聞だったのである。

 つまり朝日新聞の熱烈な愛読者だった小保方が、森口の事件を見てこれは自分に使えると思いSTAP細胞の件をでっち上げたのではないかと推測されるのである。だから小保方が朝日新聞の熱烈な読者であればすべての点が一本の線につながるのだ。したがって朝日新聞も小保方の共犯と言えるのである。

 朝日新聞は立て続けに3回目の捏造が発覚したことになる。もはや報道機関と名乗るのさえ国民が許さないレベルであろう。こんな組織は赤報隊事件を期待するしかないだろう。許してほしければ朝日の若手女性社員は小保方と共に服を脱いで謝罪をするしかない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小保方は詐欺師
それを本物のように「霊言した」
幸福の科学も詐欺師集団だ!
Posted by 東郷ビール at 2014年09月14日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック