検索
 

2014年10月04日

日本をただすためのテロは正義のテロだ。





 朝日新聞の世紀の大ねつ造記事である吉田証言。その吉田証言を最初に記事にした元記者が勤めていた奈良県の帝塚山学院大に「辞めさせなければ、学生に痛い目に遭ってもらう。くぎを入れたガス爆弾を爆発させる」などと書かれた脅迫文が送られていたことが判明した。そして元記者は同日退職したのである。これはまさに日本のすばらしさを見せつけたのである。

 朝日新聞は従軍慰安婦の強制連行をねつ造することで世界中に日本がろくでもない国だとのイメージを植え付けることに成功した。それによって日本人は世界中でいじめられてきたのである。「日本のイメージは大きく傷ついた」のである。その報いは当然受けなければいけない。今回の事件はまさに正義の鉄槌だったのだ。

 だからこそ朝日新聞にかかわるものは暴力をもって排除するという考えは非常に正しい。この事件をテロを言って非難する者もいるだろうが、テロのどこが悪いのだ?朝日新聞を倒すテロは正義のテロだから絶対的に許されなければならないのだ。称賛してこそ真の愛国者の証である。

 同様の脅迫は北海道の大学でも起きたという。ぜひともこの流れが全国で起きることを願うものである。そうすれば在特会などの愛国組織は勇気づけられ、在特会とつながっている安倍内閣の閣僚たちも大喜びである。そう、朝日へのテロは正義のテロなのである。そして朝日はテロに屈するべきなのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれはテロではない。あれをテロといったら、水戸黄門の行為はすべてテロになるではないか。あれは、勧説懲悪の行為である。慰安婦問題の真相が分かった時点で、関与した元朝日新聞の社員は直ちに辞職して、残りの人生を反省に費やすべきである。さらに福島瑞穂等の国会議員も直ちに辞職して、残りの人生を懺悔に費やすべきである。それが嫌なら韓国に移住せよ。韓国に行けば、一斉に石を投げられるであろうが、それは自分で作った運命というものだ。自分の犯した罪に知らん顔をして、残りの人生を日本で送ろうなど、厚かましいにもほどがある。ましてや、元朝日新聞の社員という肩書で、日本の将来を担う若者を教えるなど、まともな日本人の考えることではない。まったく、厚顔無恥で破廉恥な
Posted by 水戸黄門 at 2014年10月04日 08:52
あれはテロではない。勧説懲悪の行為である。賄賂を受け取って、私腹をこやす悪徳代官を懲らしめただけなのだ。慰安婦問題の真相が分かった時点で、責任をみとめ、職を辞さない元朝日新聞の記者が悪い。福島瑞穂も同罪である。彼らを韓国に追放せよ。韓国へ行けば、石を投げられるであろうが、それも彼らが作った運命である。
Posted by 水戸黄門 at 2014年10月04日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック