検索
 

2014年10月22日

桜井会長と橋下市長の対決は桜井会長の圧勝だった





 ヘイトスピーチを巡って在特会の桜井誠会長と大阪市の橋下徹市長が対決をした。30分の予定だったが、10分で終了してしまった。その様子は互いに罵り合いを繰り返しをした挙句つかみ合いを仕掛けるなどの内容であった。



 しかしその内容は見てわかる通り桜井会長の圧勝であったことは言うまでもないだろう。橋下は大阪市長の立場にありながら桜井会長の仕掛けた作戦に乗って馬脚を現してしまったのだ。桜井会長は橋下市長の本性を現すためにあえて罵倒をして橋下を苛つかせることをしたのだ。そしてそれは見事に的中したのだ。

 このやり取りで橋下は公人として失格であることを露呈させたのである。もともと橋下は人間性に問題があった人物、このような人物に率いられる大阪市はヘイトスピーチに反対する反日都市であることも同時に明らかにしたのだ。ヘイトスピーチは愛国心の発露。それを推し進める在特会が正義なのだ。

 しかしこのやり取りによって橋下に真実を教えることも成功した。在特会が批判する在日韓国・朝鮮人らを対象にした特別永住者制度については「特別扱いすることはかえって差別を生む」と問題があるとの認識を示したのだ。これはつまり在特会の活動に公認を与えたということ。橋下は在特会に降伏したのである。

 ヘイトスピーチは日本の愛国心の発露、在特会は日本を代表する愛国組織である。在特会は政治団体として活動して与党になれば日本は守られると思う。桜井会長は政治に興味はないというが、前言を翻して政治の道に進むべきだ。確実に大多数の支持を得ることができるだろう。
ラベル:橋下徹 在特会
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どっちもどっちじゃないですか?感情的な話し方しかできないお子ちゃま同士でしょう。
Posted by はぁ at 2014年10月22日 06:21
先生!
コメントすると、こっちにもとばっちりが来そうなエントリが多くて、ごぶさたしております!
ところで、橋下を賞賛したりしている不届きなブロガーがいます!
ぜひ筆誅を加えてください!
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/366470458.html
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/354417057.html
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/237353987.html
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/237015523.html
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/232095363.html

Posted by 誰だっけ? at 2014年10月22日 07:57
桜井も十分人間性に問題があると思うのですが…(´・ω・)
Posted by カラクニ at 2014年10月22日 17:23
桜井の発言は、公務執行妨害、偽計業務妨害、威力業務妨害にあたいする。

橋下徹市長の言動欠いた発言にはこいつ、ヤグザちゃうかとおもった、はしたないなぁ。

東京都と警視庁は「在日特権を許さない市民の会」いわゆる在特会などの右派市民グループ幹部5人を傷害容疑で逮捕した。
Posted by いなたしは at 2014年10月25日 13:54
橋下も在日特権廃止主張派であり、ヘイトスピーチ発言も顕著。

舛添は、ヘイトスピーチ運動を啓発する関係者の一斉摘発を警察庁、警視庁に要請。日本人にヘイトスピーチ禁止を促す、一方、外国人が日本人に対してのヘイトスピーチについては、言論の自由であると、事実上容認している。


Posted by はしたない at 2014年10月25日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック