検索
 

2014年10月26日

反日組織による在特会弾圧には毅然と対抗していこう





 在特会がまたしても反日組織によって不当な弾圧を受けた。在特会に反対する団体のメンバーに暴行をしたとして逮捕されたのである。在特会は言わずとしれた日本を代表する愛国組織。山谷えり子氏や稲田朋美氏、高市早苗氏、片山さつき氏も親しくしていることからもその愛国心ぶりがわかるだろう。

 しかし最近在特会は行政と司法から度重なる攻撃を受けているのだ。京都地裁や大阪地裁は在特会に賠償命令を出し、警視庁に至っては桜井会長を逮捕する暴挙まで冒しているのだ。こうなったのも在日を中心とする反日組織が裁判所や警察を支配しているからに他ならない。

 そもそも在特会のやったことは反日組織メンバーの首を絞めたり肋骨を骨折させただけのことである。こんな尾は犯罪とは言えない。在特会は愛国組織だから殺して初めて犯罪となるのだ。にも拘わらず逮捕したのである。もちろんこの裏にはヘイトスピーチを取り締まりたい舛添がいることは言うまでもないだろう。舛添は反日であり、日本を破壊する目的でヘイトスピーチを取り締まろうとしているのだ。これは言論弾圧である。

 今こそ安倍政権は舛添や裁判所に圧力をかけて在特会を守らなければならない。もしも在特会が犯罪組織と認定されてしまったら日本は特定アジアの植民地になってしまう。そうしたら日本人は差別されてしまうのだ。こんなことが許されていいはずがない。一刻も早い在特会への支援が必要である。

 日本は常に敵国からの侵略にさらされている。在特会はヘイトスピーチをすることで国民を媚びし、日本を守っているのである。在特会への攻撃は日本への攻撃とみなし国民全体でカウンター団体に反撃をするべきだ。在特会が消えたら日本人は強制収容所に送られてしまうのである。
ラベル:在特会
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

検索妨害スパマーがTwitterでもスパム行為をしていた事が発覚
http://matome.naver.jp/odai/2141424365434880101

Posted by テイルブラオ at 2014年10月26日 04:28
パチンコ増税が見送られた。一方で派遣法改正に着手した。

カジノ推進派の国土政務官が事実上買収されたようだ
国土政務官は、外国人パチンコ経営者から献金を貰い、事実上毒まんじゅうを食わされた。

芸能界主導で行われた小渕落とし…。
拉致問題をウヤムヤにしたいために、水面下で小渕降ろしに着手した。

パチンコ、芸能界は北朝鮮と深いか関わりがあると出版社が指摘している。




オバマ大統領は、韓国を擁護しまくっている。韓国軍は、来年1月に米軍から完全に独立するはずだったが、オバマ大統領の独断によって、急遽、白紙になった。

11月14日、米議会中間選挙を控えている。
共和党はオバマ大統領弾劾を模索している。

オバマはバイデン副大統領更迭も視野にいれる。
Posted by こん at 2014年10月29日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック