検索
 

2014年12月05日

桜井会長の体を張った工作活動を見習おう





 衆議院選挙で自民党は300議席を超える安定多数を獲得する見通しとなった。今までの安倍政権の全盛を考えれば当然のことだろう。しかし喜んではいけない。ここから逆転される可能性もあるから気を引き締めないといけないのだ。

 そんな中在特会の桜井会長が韓国国旗を持って登場する姿が写されていたことが分かった。いかがその画像である。

sakurai.png

 韓国国旗といえば日本の敵対勢力の象徴であり、売国奴の心のよりどころとして知られている。そんなのをなぜ桜井会長が持っているのか?桜井会長は頭がおかしくなったのか?と考えられなくないだろう。しかしそれは違う。桜井会長はちゃんとした目的でこういった行為をしているのである。

 実はこれが撮影された場所は民主党の候補者が街頭演説をしていた場所なのだ。つまり桜井会長は自分があえて売国奴の汚名を着ることで民主党がいかに危険な正当化を訴えたかったのである。これこそまさに真の愛国的な工作活動なのだ。日本のために敵を欺くにはまず見方からを実践したのである。ちなみに後日には共産党の演説会にも出没したそうだ。

 我々J−NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)も負けてはいられない。在特会は自民党にも支持者がいる自民党の友好組織。しかし本家の自民党がこのような工作活動をしてこそ自民党の勝利につながる。在特会とJ−NSCで切磋琢磨をしていく必要があるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜井会長は頭がおかしくなったのか?←生れつきデスダヨセンセ♪
Posted by 娃酷党員 at 2014年12月05日 03:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック