検索
 

2015年01月04日

箱根駅伝は青山学院大が優勝





 第91回箱根駅伝は青山学院大が初優勝をした。2位との差は10分にもなりあの柏原竜二がいた東洋大の最高記録をも更新(コース変更のため参考記録ではあるが)するという圧勝だった。5区の神野がクローズアップされるが、どこをとってもスキのない最強チームと言えただろう。

 しかし選手たちには言いたいこともある。それは箱根駅伝を目標の最終点にしてはいけないということだ。なぜならば箱根駅伝自体が世界と戦うランナーの育成を目的にしたもの。つまり途中点に過ぎないのである。だからこそ次の目標を持ってもらいたい。それは世界選手権並びにオリンピックである。

 ただオリンピックには駅伝はないので必然的に5000、10000mやマラソンとなる。箱根駅伝のテレビ中継の解説をした瀬古利彦氏もマラソンへの挑戦をしきりに奨めていたのもそこにある。(ちなみに神野はまだまだ体力がないので体力づくりをしてからと言っていた。)どちらにしても駅伝で終わるのは良くないのだ。

 東京オリンピックとはあえて言わないが、オリンピックでメダルを取って日本の国威発揚に貢献をしなければならない。それが箱根を走ったランナーの宿命なのである。つまり箱根で満足するようならばそれで日本人としては失格であるといえるだろう。名誉を守るためには円谷幸吉氏の最期をまねるしかないだろう。
ラベル:箱根駅伝
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>名誉を守るためには円谷幸吉氏の最期をまねるしかないだろう。
まずは先生がお手本を見せるべきです!!
Posted by カラクニ at 2015年01月04日 01:46
青学はキリスト系の大学。
箱根大会は、想定外の優勝だった。

青学出身は、蓮舫、桑田佳祐、寺島しのぶ…。


青学といえば、近年は、芸能人、スポーツ選手の息子、娘たちが大学に進学するケースが多い。


5年後東京五輪で男子マラソンで、事実上、日本人初の男子マラソン金メダリストを出せるかどうか。
Posted by まあ at 2015年01月08日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック