検索
 

2015年01月10日

テロには許されないテロだけでない、許されるテロもあるのだ





 パリで起きた週刊誌の会社への銃撃テロ。このテロで12人が死亡するという大惨事となった。このテロの要因はイスラム教の預言者を風刺したということだが、批判に対して暴力を行使するのは最低の所業である。決して許されるものではない、犯人には正義の鉄槌を下さなければいけない。

 しかし許されるテロもあるのだ。そう朝日新聞阪神支局に起きた赤報隊事件である。あれも今回のフランスの事件と同じように見えるが、内実は全く違う。朝日新聞の反日報道にお灸をすえただけなのである。だからこそ多くの識者が赤報隊を賛美したのである。
 
 おりしも従軍慰安婦を捏造した朝日新聞の植村隆が、「捏造」を批判されたことで脅迫を受けたと提訴をしてきた。こういう反日行為には正義の鉄槌を加えなくてはいけない。フランスのテロリストも植村に対してテロを起こせば国民から称賛されたのは間違いない。すでに脅迫状を送った時点で「素晴らしい愛国的行為だ」と称賛の声が出ていたのだから。

 世界的に見ても許されないテロだが、日本では条件が整えばむしろ歓迎されるのである。もちろんそのためには狙われるほうが絶対におかしくないといけないのだが。正しいことにはちゃんと正しいと意思表示をする。たとえテロの被害にあっても「テロを受けるほうが悪い」とちゃんと言えることが日本人の偉大なところなのだ。
ラベル:朝日新聞
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック