検索
 

2015年02月21日

会計責任者は敵国のスパイだった





 国士である田母神俊雄氏の事務所の会計責任者が3000万円もの大金を私的に流用していいたことが分かった。その中には年金生活者からの寄付金も含まれており、大変許しがたいことである。田母神氏も大変ショックを受けるのは当然だろう。

 田母神氏は監督責任を感じているが、田母神氏はもちろん悪くないというのが良識的な国民の意見である。悪いのはこの横領した責任者、そしてそのバックにいる反日組織である。そう、会計責任者は反日組織のスパイだったのだ。

 そもそも田母神氏は日本を敵から守るために立ち上がった国士。自衛官時代は毅然とした言動で民主党の反感を買いクビにさせられたが信念を貫く姿勢に多くの国民が喝采を送り、ここまで来たのである。残念ながら敵の不正選挙によって選挙には勝てなかったが、国民から絶大な支持を受けていることには変わりはない。

 だからこそ田母神氏とその支持者にダメージを与えるために敵はスパイとしてこの会計責任者を送り込んだのだ。当然ながら敵を欺くために、愛国的なこともしていたのだろう。まさに獅子身中の虫である。このままでは田母神氏は敵に倒されてしまうだろう。

 そうなる前にも田母神氏に対しての支援の手を差し伸べなければならない。まずは今回の事件で失った資金を回復すべく、愛国者たちが田母神氏に対して寄付をすべきであろう。もちろん私も行うつもりだ。会計責任者はクビになるだろうが、まだ正式には解任されたわけではない。時期を見計らって寄付を再開しよう。そして使われた分を補てんして生活に困らないくらいに金を集めて我々の力を見せつけるべきだ。

 田母神氏は自民党・安倍政権を右側から支えてくれる日本にとってなければならない存在だ。その人物がたかが金で政治生命を絶たれるのは大変忍びない。だからこそ日本を守るためにも国士への温かい支援を行うべきであるのだ。
ラベル:田母神俊雄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック