検索
 

2015年03月05日

コアラを殺すオーストラリアは捕鯨を認めたと同じである





 オーストラリアで700頭ものコアラが安楽死させられたという。これは数が多くなったためにコアラが飢餓に陥るのを防ぐためだという。これは大変良いことである。なぜならばこの行為によって日本の捕鯨が正しいことが証明されることになったからだ。

 そもそもオーストラリアは反日反捕鯨テロ組織ことシーシェパードの母国として知られている。シーシェパードは日本がクジラを殺すことを批判するのに、自国の殺戮については何も言わないのだ。つまりシーシェパードの論理からいくと捕鯨は絶対的に正しいと言わざるを得ないのだ。

 そもそも日本の捕鯨は日本の文化である。ただの口減らしのコアラの殺戮とはわけが違うのだ。捕鯨という偉大な文化を持つ日本と、環境イスラム国ともいわれるシーシェパードを要するオーストラリア、どちらが正しいかは自明だろう。だからこそ日本人によるクジラの殺戮は正しい殺戮なのである。

 日本人は偉大な民族である。クジラも日本人のためならば喜んで殺されるだろう。クジラは頭がいいと言われているからそういうことも理解できるのである。だから日本人は積極的にクジラを殺すべきである。そしてオーストラリアもコアラを殺しているのだからもうン句を言う筋合いはないのである。むしろコアラを殺すのはいいことというわけだ。
ラベル:捕鯨
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そもそもオーストラリアは反日反捕鯨テロ組織ことシーシェパードの母国として知られている。
以下シーシェパードの本部。
FRIDAY HARBOR, WA 98250
WAが何を意味するか分かりますかね…?
Posted by カラクニ at 2015年03月23日 02:18
ブログ主はWAが西オーストラリア州を指していると言いたいのかしら。

何か、すぐに調べらば分かるようなことも調べないで、妄想を書き散らしているだけじゃないのか?
Posted by t at 2015年03月29日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック