検索
 

2015年03月23日

日本の名を汚す在日俳優は祖国に帰れ





 在日がまたしても犯罪を犯した。俳優の隆大介が台湾の空港で係員と口論になり、もみ合いとなり、空港職員を骨折させたという。この隆は映画「影武者」「踊る大捜査線 THE MOVIE」や大河ドラマ「軍師官兵衛」などに出演した経験があるという。

 隆大介は在日である。普段愛国者は犯罪を犯した人物は証拠のあるなしに関係なく在日認定をするが、今回は明確な根拠がある。それは台湾のメディアが韓国籍と伝えているからである。親日国の台湾がこう伝えているのだから間違いなく隆は在日なのだ。

 在日の分際で飲酒をするだけでなく狼藉行為を働くのは本当に許しがたい。おそらくは日台友好を汚すために意図的に仕組んだものだろう。そう考えればこの事件を起こした理由もはっきりする。つまりは在日はいかに日本の名誉を貶めることに余念がないかということだ。在日は存在自体が恥なのである。

 隆は日本社会を汚した罰として日本から出ていくべきである。そして祖国に帰り、韓国で反日映画だけに出ていればいい。反日映画は世界で一番格式の低い映画だから、在日と犯罪者という2重の意味で人間のクズである隆にはお似合いであろう。
ラベル:在日
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>韓国で反日映画だけに出ていればいい。
チキン野郎はチラシの裏に駄文を綴っていればいいと思いますよ!
Posted by カラクニ at 2015年03月23日 08:17
井川遥も在日韓国人。

周防郁雄が井川を贔屓している。

重鎮と呼ばれる大物芸能人からは、井川だけはイヤと、共演したくない、という人が大半を占める。
Posted by まあ at 2015年03月27日 17:40
> 普段愛国者は犯罪を犯した人物は証拠のあるなしに関係なく在日認定をするが

あら、根拠なく「在日」ってレッテルを貼っているのを認めるのですね。
愛国先生個人の意向 or 自民党ネットサポーターズクラブの意向のどちらですか?
Posted by 1 at 2015年03月29日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック