検索
 

2015年05月18日

橋下市長引退、お疲れ様でした





 大阪市を再編して大阪都にする住民投票が行われ、反対が多数を占めた。これを受けて橋下徹大阪市長は辞任を表明した。政界からも引退するという。これは喜ばしいことである。

 橋下徹という男は本性は反日である。だからこそ大阪府や市にとっても癌になりえる存在であった。橋下が辞めることで大阪の人間もよい人間になることであろう。だが、橋下は民主党と違い100%の反日人間でもないことは記憶にとどめておいてほしい。

 実は橋下市長は愛国心を発揮したことがある。それは従軍慰安婦の件だ。市長は「従軍慰安婦は必要」と発言し、大東亜戦争において日本軍が行ったことは決して悪くないと擁護したのである。これがきっかけとなり、朝日新聞の捏造も発覚したのだ。まさにこの件については愛国者と言っていいだろう。

 橋下市長はやめるが、その功績を否定することはいけない。橋下が日本を破壊する意図があったことは事実だが、日本を守る行為があったことも忘れてはいけない。
ラベル:橋下徹
posted by 愛国 at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
センセは未だしないンですかァ?w
Posted by 特高隊員 at 2015年05月18日 10:35
生活保護受給者の暮らす川崎市のマンションが全焼しましたが、先生は『国の足を引っ張る穀潰しが焼け死ぬのは当然である。もし放火であるとするならば犯人には敬意を表したい。もっともっと燃やして頂きたいところだ。』といったようなエントリーを上げないのでしょうか。
期待してお待ちしております。
Posted by SXD兄貴 at 2015年05月19日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック