検索
 

2015年06月07日

AKBはグループ卒業後についても真剣に考えてほしい





 AKBグループの第7回総選挙がおこなわれ、前回2位だった指原莉乃が返り咲きの1位を獲得した。前回1位の渡辺麻友は3位、柏木由紀が2位となり、高橋みなみ、松井珠里奈、山本彩、宮脇咲良と続いた。前田敦子などの大物が卒業していく中で、宮脇咲良はまだ17歳。順調に後継者も育っていることを見せつけたのであった。

 さて、卒業のことについて触れたがメンバーにはAKBを辞めたときのことも考えていてもらいたい。そもそもAKB自体が大物になるためのステップアップとして作られた要素もあるのだ。だからこそ安住せずにチャレンジをしてもらわないといけないのである。

 そこでぜひ行ってほしいのがAVである。AVこそ実力と美貌が問われる最高の戦いの舞台だと思う。思えばAKBグループからもやまぐちりこ、橘梨紗、逢坂はるな、城田理加、三上悠亜といったメンバーがAV会に参戦している。ぜひとも神7と言われる上位陣からAV女優が出てほしいものである。そうなればAKBの偉大さは不動のものとなるだろう。

 最後に今回のメンバーも卒業したメンバーもぜひその笑顔で日本人の愛国心を盛り立ててほしい。そして日本のために一肌もふた肌も服も水着も下着も脱いで裸のままのピュアな心で日本を元気にしてほしい。愛国者はそれを望んでいるのである。愛国者はAVが大好きなのだから。
ラベル:AKB48
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
40過ぎたおっさんがこれか。
Posted by う at 2015年06月07日 09:40
さすが、愛国先生!
持論全開ですね(笑)
Posted by あ at 2015年06月07日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック