検索
 

2015年09月21日

日本代表の快挙を祝おう!





 今日は何といってもこの話題だろう。イングランドで行われているラグビーのワールドカップで日本代表が世界ランク3位の南アフリカを破ったのだ。これはもはや日本だけの快挙ではなく、世界レベルの快挙として語り継がれている。本当にすごいことだといいたい。

 さて、すでにお気づきの方も多いと思うが日本代表のメンバーを見ると外国人の選手が多いことに気付くだろう。実はラグビーでは3年以上日本に住んでいれば誰でも日本代表になることができるのである(他国の代表になった選手は当然除外)。今大会には実に3分の1が外国人ということで、日本人だけの勝利ではないというわけだ。

 このことは安保法制にも実はかかわってくる。安保法制によって集団的自衛権が認められることになったわけだが、それは自国だけ守ればそれでいいわけではないということだ。日本が世界のために動くということだ。それはラグビー代表の件もおなじこと。ラグビー代表のように日本も日本だけでなく、世界中で活躍をしてこそ世界から尊敬される。日本代表が世界から称賛されているのは試合に勝っただけではないのだ。

 次の相手はスコットランド。南アフリカに比べれば世界ランクは下だが、強豪であることには変わりはない。ここで勝って初めてのベスト8を確定させてもらいたい。今の私の願いはただそれだけだ。
ラベル:ラグビー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック