検索
 

2015年12月17日

祝!夫婦別姓は違憲となる。





 大変素晴らしい判決が出た。夫婦同姓が合憲だと最高裁が認定したのだ。これで日本は敵の手から守られることとなった。そもそも夫婦別姓をしている国といえば特定アジア(中国・韓国・北朝鮮)。特定アジアと同じ扱いをされるということ自体日本が危機に陥ることに他ならないのである。

 また、夫婦が違う姓を名乗ると家族の絆が弱くなる。「名字が違うだけで崩れる絆なんて大した絆じゃない」というが、そうだよ!それのどこが悪い!だから特定アジアが侵略をしやすくなるんじゃないか!だからこそ夫婦同姓こそ日本を守るためにも必須なのだ。

 しかし反日左翼は夫婦別姓こそ日本を崩壊させる最良の方法と確信して反日行動を起こしている。最高裁に反日裁判官を送り込むのもその一環だ。そしてその過程でとんでもないことも明らかになった。15人中5人も夫婦同姓を違憲として、さらに女性裁判官は3人全員違憲としたのである。つまり女性裁判官は反日であると証明されたのだ。

 日本には男尊女卑という風習があるが、これは日本を守るために作り上げられた大切な慣習である。したがって歴史に逆行する男女平等は絶対におかしいと言わざるを得ない。今回の夫婦同姓の裁判のほかに、女性の再婚禁止期間についての裁判があったが、こちらは違憲ということになってしまった。しかし女性が日本を滅ぼすことがわかった以上、男女間で再婚禁止の期日に格差をつけるのが当然である。

 「男性にも再婚禁止期間を作れ」という声があるが絶対にそんなことをしてはならない。男性は女性よりも優遇されなければ日本がダメになってしまうのだ。今回の判決で測らずしも「男性に離婚後即結婚を認めること」が日本を守ることが判明したのである。

 憲法は日本最高の法規であるといわれているが、憲法が日本を崩壊させるのならば憲法を無視する義務がるのである。「憲法守って国滅ぶ」があってはならない。だからこそ憲法を軽視できる安倍政権は愛国的な政権なのである。
ラベル:夫婦別姓
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック