検索
 

2015年12月18日

加藤支局長への無罪は当然である。





 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉棄損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する判決公判があり、無罪となった。これは当然のことである。今回の件は明らかに産経新聞を狙い撃ちにしたものであった。なぜならば産経は日本を代表するクオリティペーパーだからだ。

 産経新聞は日本のクオリティペーパーのみならず政府機関紙としての機能も持っている。それは産経新聞の記事を見ればわかるだろう。もちろん民主党政権下においては「下野宣言」をしたこともあり反政府だったが、いまは完全に安倍政権と一心同体となった。つまり日本政府の代理といっても過言でないのである。つまり名誉棄損裁判はそんな日本政府の代理に対する非礼は日本に対する宣戦布告を目的としていたのだ。

 無罪判決は当然だが、それにしてもあの韓国の裁判所が無罪を出すとは驚きである。奇しくも日本では離婚禁止期間が違憲だと出たばかり、日本のほうがおかしな裁判をしているという大変奇妙なことが起きてしまっているのだ。このままでは日本はだめになってしまう。産経新聞は日本司法を韓国よりも素晴らしいものにする必要があるだろう。

 再び書くが、産経新聞は日本のクオリティペーパーのみならず政府機関紙。したがって産経に対する非礼は日本に対する非礼と同じこと。韓国に対して一刻も早く宣戦布告をして韓国を侵攻し竹島を奪還するのみならず北朝鮮と組んで南北で挟撃をして韓国人を少しでも多く死なせる必要がある。
ラベル:産経新聞 韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
産経がそれだけ盤石な「クオリティペーパー」なら公明党が駄々こねている軽減税率を新聞に適用なんて言わないよね。
Posted by あ at 2015年12月19日 00:18
『邪馬台国論争・終結宣言』書評
中華人民共和国・北京大学
亜・非 研究所 劉 勃 氏
山形明郷先生は、広い範囲にわたる古代の中国・日本・韓国
の歴史関係の「原典」を読破されて、論拠を組み立てております。


「古代朝鮮」 は、畢竟(ひっきょう)何処(どこ)に存在してい
たのか。更には、「洌水(れっすい)」の位置が、「古代朝鮮」領域内
の何処であったのであろうか。 

この様な疑問点の解明は、“古代東アジア史”の全貌を知る上
で、避けて通ることは許されない重要な課題となるものです。

しかし、私がこれ迄手にした関係各国の史学著述中に、この
問題に触れたものは無く、明らかにされてはおりません。 

 山形明郷先生は、歴史地理学の観点から、「洌水(れっすい)」
が、中国遼寧省のなかを流れる「太子河(たいしがわ)」であるこ
とを論証されて筆を進められるなど、先生の“古代東アジア史”
究明・検証に向けて、とことん突き詰めていく強靱(きょうじ
ん) な学究精神に深く感服し、且つ、尊敬いたします。


 山形明郷先生の著作を拝読して先ず感じましたことは、この
著作を中国語に翻訳して、広範な中国の学者たちに、この著作
の内容を紹介し、
 「古代朝鮮」 の所在地の解明が、“古代東アジア史”を語る上
で最重要事項であるという問題提起をしたいということです。

  
 私が、勇躍この様な大切なことを提案いたしますのは、山形
明郷先生の著作の貴重な価値を知って、中国と日本国との“学
術交流”のために、いささかなりとも貢献をしたいと考えてい
るからです。


『 著作等身 』 ― この著作は、著者の身長と同じ高さに積
み上げた[ 金塊と同等の輝かしい価値 ]を有する論証です。


Posted by モンケ・ハーン at 2015年12月19日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック