検索
 

2016年01月08日

安倍政権に従えば貧困率が下がる





 沖縄県の18歳未満の家庭の貧困率が全国最悪だという。実に3分の1に上るという。こうなったのも県知事に非がある。県知事の翁長は安倍政権と対決して問題をこじらせ、貧困状況に目を向けていない。しかも反対運動を起こす連中には日当を出しているうわさがある。素直に安倍政権に従えばこういうことにはならないのだ。

 昨日のテレビ番組でお金がなくてAV女優になったという話を見た。こういう風に努力をすればいいのである。そうすればみんながハッピーになれるではないか。18歳未満でも年齢を偽るなどすれば大丈夫ではないだろうか?とにかく政府に逆らわずに努力をするべきだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛国先生に賛成するの
Posted by 愛国主義派 at 2016年01月08日 18:51
自民党の大企業優遇政策を進めたって、格差は縮まらなし、貧困率は改善しないですよ。
なんせ、安倍のブレーンの竹中平蔵がトリクルダウンなんて、起こらないって開き直ったしね。
Posted by あ at 2016年01月16日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432256322

この記事へのトラックバック