検索
 

2016年01月16日

14人死亡事故の裏を洗え





 間違いなく2016年の重大ニュースに入る大事故が起きた。軽井沢の国道18号線で大型バスが崖に転落をし、14人が死亡するという大惨事が起きたのだ。運転手2人のほかは全員20歳前後の大学生ということで、こんなに若い命が大量に失われることに衝撃を禁じ得ない。この辺りでは4年前にも事故で7人が死亡しており、まさに魔のポイントといえるだろう。

 この事故の原因は何だったのか?まだしらべている最中だが、運行会社には予想通り問題があったようで早速調査を受けている。そしてこの際だから中国や韓国と絡めることを忘れてはいけないだろう。そもそもこのような事故が起きるのは中国や韓国が関わっているのが常識である。日本の犯罪の95%以上が中国人・韓国人もしくはその支持者によって占められていることからもわかる。当然今回のバス事故にもかかわっていないとおかしいのだ。

 調べればどこかに中国や韓国の痕跡があるはずだ。運転手は日本人らしい名前をもっているが、在日かもしれない。正真正銘の日本人であっても、バスの修理業者等取引先には中国や韓国がかかわっていた可能性もある。そもそも会社自体が在日の会社の可能性も大いにある。調べればきっと見つかるはずだ。

 今回の悲劇を二度と繰り返してはならない。だから今こそ反中嫌韓を煽り、中国や韓国に対して責任を取ってもらうことも忘れてはならない。そうすれば外国人の犯罪も減り、亡くなった方々も報われるであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
'95(平成7)年3月、この『邪馬台国論争・終結宣言』
の出版に先立ち、東京・元麻布の駐日「中国大使館」
に、著者と紹介者と3人で、表敬訪問に赴きました。
この時、全権特命大使付・文化処・参事官の方から
著者の山形氏に、『この著書の著述内容を、「日本国政府」
は、ご存知なのでしょうか?』という質問が発せられました。

この質問は、まさに、この『邪馬台国論争・終結宣言』の
出版に課せられた 「歴史的使命」を象徴しております。
それは、日本史・東アジア史の「古代史版<ビッグバン>」
とも表現されるべき「大変革の推進」にあると言えましょう。

日本人の「国民性」は、山形氏が指摘する様に、特に
「権威とか著名人」 に極度に弱いと言われています。

しかし、「一犬(いっけん)虚(きよ)に吠(ほ)えれば
萬犬(ばんけん)実(じつ)に伝う」の譬(たとえ)の
ような、 従来の「権威指向的・歴史観」に、我が
「日本国民」は、いつまでもどっぷり浸ってはいられません。  

山形明郷氏の、秘めたる厖大(ぼうだい)なエネルギーが理解され
さらに受け入れられるところとなり、日本史・東アジア史の
「古代史版<ビッグバン>」の混沌(こんとん)状態から、我が国
に[ 新しき歴史観 ]が産み出され、やがて[正しき歴史観]と
して一日も早く確実に定着することを期待・念願せざるを得ません。

[ 山形氏が実に吠え、山形史観の理解者が実に伝う ]という
ことが、現在、「日本国の国民」に要請されていると言えましょう。
Posted by アンチ・昇一 at 2016年01月16日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック