検索
 

2016年01月25日

日本人の悲願なる。琴奨菊が初優勝。





 10年という長いトンネルを抜けた先には栄光が待っていた。大相撲初場所で琴奨菊が初優勝をしたのだ。しかし琴奨菊が優勝をしようがしまいがどうでもいい。それよりも10年ぶりに日本出身力士が優勝したことの方がはるかに喜ばしいことのだ。日本人にとっては苦痛の末の最高の優勝だったのだから。

 日本「人」の優勝は旭天鵬がすでにしているが、所詮帰化をして日本人になったニセ日本人である。やはり日本生まれで日本人落ちを引く力士が優勝してこそ国技にふさわしいのである。この10年間、モンゴル出身者を中心とした外国人が幅を利かせたせいで数多くの不祥事が起きてしまった。

 この10年間で起きたことをみるとわかる。集団リンチ事件、大麻事件、野球とばく事件、そして八百長と…この間の不祥事もすべて日本出身力士が優勝できなかったことによるものだ。したがって琴奨菊の優勝はこれらの事件が名実ともに解決をしたという何よりの証拠なのだ。

 これで日本相撲会は救われた。これからは過ちを二度と繰り返さないようにすることが必要だ。別に琴奨菊が優勝をする必要は全くない。日本出身力士が切磋琢磨して互助会を作って優勝を分け合えばいいのである。それで相撲界の闇はすべてが明るく照らされるであろう。
タグ:相撲
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『井上 秀雄 元・樟蔭女子短期大学 学長 著書『倭・倭人・倭国』
当『邪馬台国論争・終結宣言』から

井上 秀雄 著『倭・倭人・倭国』
東アジア古代史再検討― 人文書院の「最重要事項」を
紹介している箇所を以下、そのまま引用致します。

【 古代東アジア史研究界の権威で、東北大学名誉教授
井上秀雄氏は、 其(その)著『倭・倭人・倭国』の中で次の如く
指摘している。「旧来『倭』を考える場合、それが民族名であろうと
国名であろうと、とにかく『倭』は『古代日本』と云う考えから
出発して来たが、此の事自体既に大きな誤ちを犯している。

『倭人・倭国』について、此の様に考える旧来の定説を裏付ける
記述は、日本側の文献には殆ど見当らず、又、中国・朝鮮や韓国の
古典中に於いても同じである。」更に又、次の如くも謂(い)う。

「日本側の資料『古事記・日本書紀』を見る限り、『倭』を
『大和朝廷』乃至はその支配領域とする記事は極めて稀であり
『倭の五王』を『大和朝廷』の諸天皇と見た形跡もない。

又、『倭』から『日本』への国号改変も、従来いわれている様な雅号を 求めたとする根拠もない。

『倭の五王』に就ても、これを応神(おうじん)から仁徳(にんとく)に始まって、雄略(ゆうりゃく)に至る迄の五人の天皇の名に推定しようとしているが、この事は朝鮮の学者は不審に思っており日本の研究者が云う程度の比定の仕方であれば、『三国史記』に出て来る新羅(しんら)の王名に充分に当嵌(あてはま)るのではないか。】


Posted by アンチ・昇一 at 2016年01月25日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432952132

この記事へのトラックバック