検索
 

2016年03月05日

政府は沖縄をだましてだしぬけ





 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり政府が代執行訴訟を起こしていたが、訴訟先の沖縄県と和解が成立することとなった。政府は訴訟を取り下げて県と再協議する内容となっている。まずは一件落着だが、このままで終わらせていいわけはない。ちゃんと国の貫録を見せることも求められよう。

 まず沖縄県が辺野古移設に反対しているのはズバリ米軍を撤退させたいがためではない。撤退させることも目的だが、その空白をついて中国に支配をさせるためなのだ。これは翁長の本音から沖らかにされている。だからこそ沖縄側のいう通りにさせては日本は危機を迎える。再協議の際にはしっかりとくぎを刺すことも求められよう。

 しかしくぎを刺すだけではだめだ。沖縄のバックにいる中国はなんでも好き勝手にやる国。だからこそ辺野古移設についてもなりふり構わぬ妨害をしてくるであろう。そのためにも国は沖縄を出し抜くべきだ。具体的には協議のテーブルについてある程度は協調的になり、そのすきに辺野古周辺を武力で占拠し、強制的に移転するべきだ。

 沖縄が強くいられるのは一致団結をしているからだ。しかし沖縄にも愛国者はいる。ジャーナリストの仲村覚氏(ちなみに仲村氏の姪は幸福の科学の理事長である。)により「沖縄対策本部」という愛国組織も立ち上がっている。沖縄の愛国者と政府は手を組んで反日集団を一網打尽にするべきだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> これは翁長の本音から沖らかにされている。

愛国者なら、小学校で習う漢字くらいちゃんと書きましょう。
母国語もろくに扱えないのに、愛国者なんて名乗るな!
Posted by あ at 2016年03月10日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック