検索
 

2016年03月06日

春、それは別れの季節





 あと少しで平成27年度が終了する。私が働いている会社でも人事異動や退職等で何人かが入れ替わることとなる。これが意外と寂しいのだ。今まで一致団結をして仕事をしてきた仲間がいなくなると次からはどのようにしていいのかわからなくなる不安は誰もがおぼえることだろう。心に隙間ができるようなものなのだ。

 とはいえこれを言い訳にしているようではいけない。そんな弱気を見せてしまえば敵が喜ぶだけなのだ。かつての民主党政権によって日本の素晴らしさ日本人の偉大さが失われてしまったことを忘れてはいけない。大切なことは失って初めて気づくのである。民主党ぐらいの極悪非道な反日組織ならば同僚との別れも平然と利用してくるだろう。

 だからこそ心を強くしなければいけない。心に隙間があるなら自分で埋めればいい。幸せは待っていても来ないもの、自分で捕まえないといけない。私がこのブログを書いているのも日本のために自分ができないことはないかと思ってのことのように各々方が愛国心を持って幸せをつかんでほしいのだ。

 最後に今回職場が変わってしまう人のこれからの健闘を祈りたい。また会うときはお互いに成長して素晴らしい時間を共有できるようにしたいからだ。新年度に向けてみんなも頑張ってほしい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック