検索
 

2016年03月14日

障害理由の不妊手術を復活させるべきだ





 日本に内政干渉をする国連がまた問題勧告を出した。優生保護政策で障害を理由に不妊手術を受けさせられた人への補償を日本政府に勧告したのである。しかし国連の言うことをいちいち聞く必要はない。したがって無視すればいい。

 そもそも国連は一流国である日本を目の敵にしており、今回の件もそうだし、慰安婦の件、そして何よりも皇室典範にまでいちゃもんをつけてきたのである。こうなるのもすべて国連のトップが韓国人だからに他ならない。国連は韓国に乗っ取られたのである。だから日本は反国連の行動を起こす義務がある。

 つまり国連のいうことには従わないという何よりの意思表示のためにもう一回障害理由の不妊治療を復活さえるべきなのだ。もちろん日本政府は謝罪をする必要はない。こんなことで謝罪をしたら韓国がつけあがって慰安婦の件で世界に反日活動をするのが目に見えているからだ。

 日本は偉大な国だ。したがって人権のことでとやかく言われる筋合いはない。そもそも人権自体が日本には不要な代物だ。愛国心に勝る権利は存在しないし、してもいけない。それが日本を偉大にする要因だったのである。人権は日本を破壊させる最高の武器なのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたのようなレイシストこそ子孫を残してはいけません。
Posted by あ at 2016年03月14日 18:30
> 人権自体が日本には不要な代物だ

あなたの理想は北朝鮮ですね。
Posted by あ at 2016年03月15日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434895841

この記事へのトラックバック