検索
 

2016年03月29日

民進党ができても国民は敵視している





 民主党と維新の党が合併した民進党が発足した。しかしそんなことはどうでもいい。何故ならば名前を変えたところで反日政党が愛国政党になるわけがないからだ。数々の民主党の悪性を見てきた愛国的な日本人は皆理解している。

 民主党を好きになるとバカなることやアルツハイマー病、さらには犯罪者になることが判明している。埼玉の女子中学生が保護された事件で犯人の千葉大生は民主党を応援していたという情報もある。したがって民進党を支持するものは頭がおかしいという認定ができるのだ。だからこそ民進党の悪口をあることないことたくさんいうのが愛国者の義務である。例えば京都3区の補選も民進党がいかに日本を崩壊させたかをたくさんネットに流せばよいのだ。

 民進党は日本を破壊するために生まれた政党だ。したがって国民も民進党を敵視している。だからこそ民進党を叩く内容ならばたとえデマであっても国民はすんなり受け入れてくれるだろう。民進党憎しで国民は簡単に洗脳できるのだ。これをチャンスに大々的に民進党の真の姿を作り上げて国民で共有していこう。
ラベル:民進党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック