検索
 

2016年04月04日

自民党はAV女優を参院選に出馬させてみてはどうか?





 自民党が7月の参議院選挙に壇蜜を出馬させようとしているらしい。報じたのが東スポであり、本人も否定しているがなるほどあり得る話だと思った。壇蜜は知性もあり、確かに政治家に向いているかという点は未知数だが若年層の票を獲得するには確かに有効であろう。しかし本人が否定している以上別の作戦も必須だろう。

 そこで自民党はAV女優に狙いを絞って参院選に出馬させてみるのはどうだろうか?壇蜜はセクシータレントとしても活躍しているがAV女優ならば本職だから壇蜜など比べ物にならないほどの効果が得られる。人気AV女優ならば若年層には抜群の知名度を誇るはずなので更なる票が得られるだろう。

 もちろんAV女優ならば誰でもいいわけではない。年齢の問題もあるし、何よりもその人物が自民党にとってふさわしい人物かも問われるからだ。しかしふさわしい人物がいれば最強の隠し玉といえるだろう。AV女優側にとってもメリットがある。AV女優という職業は偏見の目で見られることも多い。しかし政治家になればそのような偏見も消えていくことになるであろう。そもそも少子化の今、子供を作る行為を行うAV女優は時代にふさわしい神聖な職業のはずである。偏見の目で見ること自体がおかしいのだ。

 今からでも遅くはない、自民党は真剣にAV女優から候補者を選ぶべきであろう。もしも衆参同時選挙になるならば衆院選には若い候補を大量に立てることも可能になってくる。ダブル選挙になればそれだけ自民党が有利になるのだ。国会議員に意見を聞いてみれば確実に賛成の声が大多数を占めるであろう。
ラベル:参議院選挙
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本を本当に支配する者達

 選挙になると、国会議員は何とかして当選しようと、親類縁者を頼り総動員し、あらゆる人脈とコネをフル稼動させる。その際、最も頼りになるのが親類であり、国会議員選挙の選挙参謀やマネージャーが親類である事は珍しくない。

仮に、一見対立している共産党と自民党の国会議員が親類であった場合、選挙の際、両者は同一の親類縁者をフル稼働させる事になり、選挙が終了し、当選すると、国会議員は選挙で「お世話になった」親類縁者の「言う事を聞かなくてはならない」。

「誰も、タダでは支援してはくれない」。

国会議員に当選した暁には、何らかの便宜を供与し、あるいは自分達の代理人として動いてくれる事を期待して、皆、選挙応援を行うのである。一見、対立しているかのように見える共産党の国会議員と自民党の議員が、なぜか最後にはお互い妥協してしまうケースが多々見受けられるが、実は、国会議員としての資金源、人脈が共通であり、お互いに自分の基盤である「人脈の言う事を聞き、指示に従っている」ケースが多い。


 国会議員が「口で言う事」ではなく、その金脈=人脈を読解する事で、真相が見えてくる。


 民主党時代の小沢一郎を支えた鳩山由紀夫・元首相の祖父が、かつて首相を勤めた経験のある鳩山一郎である事は有名である。由紀夫の父・威一郎の兄弟・百合子(由紀夫の叔母)は古沢潤一=古沢家に嫁いでいる(A)。

古沢潤一の息子の嫁・英子の父は浜口巌根であり、長期信用銀行(現在の新生銀行)の元会長であり、首相を務めた浜口雄幸の息子である(B)。つまりA、B、2つの結婚を介して鳩山由紀夫の父・威一郎と古沢潤一、浜口巌根が横に並ぶ。

この浜口巌根の兄弟・浜口雄彦の娘婿(淑の夫)が、正田巌であり、現代の天皇の妃・正田美智子の兄弟である(C)。

つまりA、B、C、3つの婚姻関係を通じて鳩山由紀夫は天皇の縁戚に該当する。ここで、鳩山威一郎、古沢潤一、浜口巌根、浜口雄彦が横に並び、その下に鳩山由紀夫と天皇の妃・美智子が並ぶ。

さらに浜口巌根の姉妹・富士の息子の妻・千世の父=安西正夫の兄弟=安西浩(東京ガス元会長)の娘婿・佐藤信二の父は元首相、佐藤栄作であり、佐藤の兄弟、岸信介の孫が安倍晋三元首相である(D)。ここで鳩山威一郎、古沢潤一、浜口巌根、浜口雄彦、浜口富士、安西正夫、安西浩、佐藤栄作、岸信介が横に並び、その下に天皇の妃・美智子と、安倍晋三、鳩山由紀夫が並ぶ事になる。

つまり、ABCD、親類の親類の親類の親類として、選挙人脈が安倍晋三首相と鳩山由紀夫は「重なっている」。国会議員レベルになると、4家族程度の人脈を「タドリ」、人脈とコネをフル稼働させる事は、何等、異常でも特異でも無い。

A、B、Cには、民主党の支持人脈が自民党と一致しており、「どちらが勝っても」利益を得る財界一族は「同一」である事が明瞭に見えている。

2大政党制は「どちらが勝っても利益享受グループは同一」である。


 なお上記の人脈、利益享受団体の中に長期信用銀行があるが、現在は、ロスチャイルドの銀行ゴールドマンサックスとロックフェラー「連合」の事実上の子会社・新生銀行である。

このロスチャイルドの米国の出先機関として動いてきたモルガン財団によって日本に創立されたのが三菱グループであり、三菱の「助力」によって発足したスーパーマーケットが「イオン・グループ」である。

イオンは元々、「岡田屋」という名前の小売店であり、その経営一族が、民進党=民主党党首の岡田克也である。

天皇家の縁戚の鳩山と、天皇家の番頭として財を成してきた三菱の外戚の岡田。

そして天皇家=三菱=モルガン財団を通じ日本を「支配・コントロール」して来た、ロスチャイルドの船舶会社ラファルジュの顧問弁護士=カネで雇われていた「下僕」が、アメリカ大統領・候補として先頭を走る、ヒラリー・クリントンである。

ここには、誰が誰の「下僕」であり、日米を本当に支配している者達の姿が、カイマ見えている。
Posted by ほらっちょ・昇一 at 2016年04月04日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック