検索
 

2016年05月14日

釈明をしても無駄、舛添には処刑が求められる





 政治資金を私的流用しているとされる舛添要一東京都知事が記者会見をした。しかし内容としては言い訳に終始しており、やはりクロだったのかと改めて確信できる記者会見であったのだ。これならば佐村河内や小保方や野々村の方がはるかに好感が持てるというものだ。



 そもそも舛添は税金の私物化だけではない、韓国人学校の移転において敵国に便宜を図ったことも忘れはないけない。これは外患誘致罪に相当する行為であり、外観誘致罪は死刑しかないから舛添には死ぬにふさわしいということだ。これに比べれば税の私物化など全く問題はない。とはいえここまで都民を怒らせているのだからやめるのが筋であろう。

 舛添は選挙を行った時点で不正選挙をして田母神俊雄氏から都知事の座を奪ったことで知られている。だが都民にとって誤算だったのは本来当選するはずの田母神氏が冤罪で逮捕されてしまったことだ。だから本来ならばもうちょっと粘って、田母神氏ないしは後継者が決まるまでは悪あがきをしてほしいと思っている。

 舛添は反日であり在日である。そんな人間は1日でも早く引きずりおろすのが都民の義務である。実際には時間がかかるのだが、それでも準備期間は短いほうが良い。真の日本国籍を持ち、先祖も日本人であるふさわしい人間にしか都知事になる資格はないのだ。
ラベル:舛添要一
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>舛添は反日であり在日である。

こんなクソ野郎を都知事選で応援していたのはアベジョンイルではなかったかなぁ・・・w
Posted by いつまでブログをつづけるの? at 2016年05月15日 16:16
アベも売国奴だから、反日舛添をプッシュしていたのですね。
Posted by あ at 2016年05月26日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック