検索
 

2016年05月19日

文革はやっぱり正しいことが明らかとなった





 中国史上に残る大規模な政治運動として知られる「文化大革命(文革)」が発動から半世紀を迎えることとなった。中国の新聞では「あのような過ちの再演を決して許してはならない」という記事が掲載された。また共産党は文革を全面否定している。しかし文革は正しかったのだ。中国の反応がまさにその証拠である。



 上のツイートは文革とは直接関係はないが、重要なことはこのツイートに集約されていると思う。つまり中国が否定する政策は正しいということなのだ。だからこそ文革は正しいのである。ちなみに共産党は毛沢東は功績の方が大きいと称賛しているがそれも正しい。文革はもちろん、大躍進政策をおこして中国を大混乱に陥れ国家の発展を大きく遅らせることに成功したからだ。そんな人間を英雄とみなさないほうがおかしい。

 中国に必要なのは第2の文革であろう。今度は毛沢東がかわいく見えるほどの大混乱を引き起こしてほしい。それが日本のみならず全世界が待ち焦がれている大イベントであり、オリンピックに匹敵する壮大なエンターテイメントなのである。
ラベル:中国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまさら、チャンネル桜の水島に裏切られた田母神のツイートなんて引用するんだ。

愛国先生から見たら、チャンネル桜は、もう愛国放送局じゃないんですね。
Posted by あ at 2016年05月26日 23:11
はじめまして。
私は、文化大革命は、中国にとってやはり必要なイベントだったと思います。
今も儒教の影響が大きく、 法治国家とは呼べませんが、文化大革命がなければ今以上に儒教をひきずっていたと思います。

原始時代からいきなり近代国家を作ろうとしても、ほとんどはアフリカの大多数国家のように、形にすらなりません。
ですが、まがりなりにも今、中国が国としてやっていけているのは、文化大革命で一度リセットしたからではないかと思います。
Posted by 地政学 at 2017年02月24日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック