検索
 

2016年05月28日

オバマ大統領の広島訪問にも韓国はテロを起こしていた





 アメリカのオバマ大統領が、伊勢志摩サミット後に広島を訪問し平和記念公園で献花・声明を発表した。この件が歴史的なものになるのは間違いないし、オバマ訪米を実現させた安倍首相の政治力は世界トップクラスであることを証明されたし、まさに素晴らしい出来事だったといえる。

 しかしそんなオバマ訪広を気に入らない組織があった。それは韓国である。韓国は卑劣な手で今回のオバマ訪広を妨害してきたのである。しかもあえてオバマには何もせずに別のからめ手を使ってきて来たのである。それが同じ日に起きた羽田空港での大韓航空機の事故である。エンジンから意図的に煙を出したのである。

 なぜそう断言できるのか?それはこの事故によって、献花する行事に広島県選出の国会議員が出席できなくなっていたからである。広島選出の議員は大半が自民党、つまり自民党に対する妨害のために意図的に事故を起こしたとみるのが妥当なのだ。

 韓国人は自分たちも原爆の被害者だと訴える。しかし広島にいたのは不法入国をして、勝手に住み着いたのが理由であり自業自得である。原爆の恐ろしさを知らず、単に日本を叩きたいがためにオバマ叩きをももくろむような列島民族に世界平和を騙る資格はない。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>エンジンから意図的に煙を出したのである。

愛国センセ!今回の大韓航空機の羽田でのメンテナンスは日本航空が担当だと思わマース。
日本の民度が下がるので愛国センセイみたいな○カはあまり騒がないほうがイイと思いマース!
Posted by いつまでブログをつづけるの? at 2016年05月28日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438338136

この記事へのトラックバック