検索
 

2016年08月11日

中国への嫌がらせコンテストを開催してみてはどうか?





 日本固有の領土である尖閣諸島。中国は尖閣侵略を現在進行形で進めている。その一環が漁船等の尖閣への展開である。もちろん日本も手をこまねいてみているわけにはいかない。戦争を一刻も早く起こすべきだが、準備もあるしまずは外交ルートからの抗議になるのは当然だろう。そこで岸田外相が実に愛国的なことをした。

 中国に抗議をする際にわざと遅延をして待たせたのである。待たされる間の中国大使は実にみじめであっただろう。その意味でこの抗議は大成功であったと言える。日本が好きなだけでは愛国者とはならない。中国(実際には韓国も)を嫌いにならなければ愛国者とは言えない。中国をバカにすることは最大の愛国的行為と断言できるのだ。

 この遅刻作戦は大いに効果があるが繰り返してはつまらない。日本は偉大な国なのだから嫌がらせにもしっかりと力を入れるべきだろう。そこで外務省は「中国への嫌がらせコンテスト」を開いてみてはどうだろうか?多くの愛国者から多種多彩な嫌がらせが出てくるだろう。それを実践すれば日本の偉大さが世界中に知れ渡り、世界が日本を支持するだろう。

 愛国者は最高のシンクタンクである。特に中国や韓国に対する嫌がらせや差別に関しては世界でもトップクラスの知性を誇ると思う。安倍政権は日本を思う支持者の存在を誇りに思いかつ利用するという気概を持てば必ずや歴史戦にも勝利ができるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ、考え方が小学生なみですな
Posted by いつまでブログを続けるの? at 2016年08月11日 06:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440928239

この記事へのトラックバック