検索
 

2016年08月15日

今こそ不戦の誓いではなく有戦の誓いを





 本日8月15日は大東亜戦争が終結した日である。戦争は一応終わった。しかし現在の日本は事実上の戦争状態に入っている。こういう時こそ不戦の誓いなどはせずに、有戦の誓いすなわち戦争を起こさなければならない。なぜならば中国に正義の鉄槌を下さなければならないからだ。

 このところ中国が尖閣諸島に対して侵略の意志をあらわにしてきている。しかし憲法9条のせいで戦争を起こすことができないのだ。でもこのままではいけない、だからこそ憲法9条を無視して先制攻撃をして中国と戦争を起こすべきなのだ。

 中国は確かに強大な国だ。しかしその武器の中身は大したことがないので攻撃を速攻で行えば大勝が見えている。1人1殺ではなく1人100殺をすれば中国は壊滅的になるだろう。そもそも敵国で「劣った国」である日本に負けてしまったら中共の指導層は皆殺しになるだろう。それを考えるとワクワクしてしまう。そのためにも安保関連法案を通したのだから。

 この戦争において自衛隊側に犠牲者が出ないのが理想的である。だが、自衛隊員は死を恐れることはない。なぜならば戦死すれば国家の英雄となり、英霊として靖国神社に祀られるからだ。これは軍人にとって最高の名誉なことである。英霊にとっても後輩ができるわけで大変喜ぶであろう。だから戦死を恐れることはないのだ。特に防衛相は愛国者で知られる稲田朋美氏だ。なおさら自衛隊員は勇気百倍だろう。

 これで戦争に勝利すれば国民も喜ぶし、戦争を勝利に導いた自民党は当分の間、先月の参院選のように選挙での圧勝が確実となるであろう。そういう意味でこれは戦後レジーム脱却の大チャンスだ。日本を正しい常識の通じる国にするためにも戦争を起こすのは大変意義のあることなのである。
タグ:大東亜戦争
posted by 愛国 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのですね、、、戦争を始めたら真っ先に
原子力関連施設と原発がミサイル攻撃に
遭うんですけど。。。

愛国先生はそこんとこ、どうお考えなのでしょうか?
Posted by 金髪青目の少女(17歳) at 2016年08月16日 09:25
>愛国先生はそこんとこ、どうお考えなのでしょうか?

その瞬間の薄っぺらい思いつきだけで、その先はまったく考えないのが愛国先生のスバラシイところです。

そういえば昨日の靖国神社では、愛国先生の好きそうな薄っぺらい本がたくさん並んでましたね(^^)
Posted by 突撃一番 at 2016年08月16日 10:43
愛国先生と安倍自民党のメンツで中国と戦ってね。
なんなら日本会議のおいぼれも一緒につけようか?
Posted by アンチ自民党 at 2016年08月16日 13:01
プロフィールとか見たいな。
Posted by 愛国戦隊ゆんゆん at 2016年08月16日 13:39
で、お前は靖国神社毎年8月15日には出向いてる訳?
愛国者なら当然だよな?
何で参拝した話は書かないの?
Posted by お前は口だけのチキン野郎だね at 2016年08月18日 01:42
初めて来たブログ、2、3か月前の記事から読んでみたが、右翼や自民党ネトサポってこんなキチガイなのか?

戦死したら英霊扱いされれば喜ぶだと?
そんなに戦争がやりたきゃ、君が中国相手に最前線で戦ってこい。
Posted by 右翼ってキチガイ? at 2016年08月19日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441039357

この記事へのトラックバック