検索
 

2016年08月17日

祝!女子バドミントンで正義の勝利!





 大変素晴らしい勝利である。リオデジャネイロオリンピックのバドミントン女子ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀(タカマツ)組が準決勝で勝利し銀メダル以上確定を決めたからである。しかも勝ったのは韓国のペア。つまりタカマツコンビは日本人の代表として正義の鉄槌を下したことになるのだ。

 この試合が行われたのは現地時間の15日。つまり終戦の日である。韓国はその日に竹島に不法侵入を起こしたのだ。つまりスポーツと政治を絡めたことになる。今回のタカマツペアの勝利はそのような極悪非道の韓国に日本人の恨みが乗り移り韓国に正義の鉄槌を食らわせたのである。

 バドミントンといえば男子シングルスで賭博行為が発覚し、桃田賢斗が事実上の追放処分となった。これももちろん韓国の陰謀である、。つまり韓国は日本を陥れるためならば何でもしでかすのが韓国なのだ。もちろん他競技も同じである。他の競技はバドミントンに続けである。日本の勝利は世界の勝利でもあることを全世界に証明するための戦いはまだまだ続くのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック