検索
 

2016年08月20日

吉田沙保里の敗戦を愛国的な視点から考える





 リオデジャネイロオリンピックであり得ないことが起きた。女子レスリングの絶対王者である吉田沙保里が決勝戦で負けて銀メダルになってしまったのだ。本人は自分のせいであると泣いたが、この敗戦にはきっと裏があるに違いない。愛国的な視点からこの件を考えなくてはいけない。

 まず誰が陰謀をやったのかということを考えたい。一番疑わしいのは金メダルのマルーリス選手ということになるが、さすがに衆人環視のなかで不吉なことはできないだろう。遠隔操作で何かをしたとしてもオリンピック期間中には難しいのではないだろうか?そうなると日本で何らかの「アクション」があったはずだ。

 そうなると怪しいのは国内の反日勢力となってくる。日本国内ならば吉田に何らかの行為を起こすことができるからだ。ではなぜ吉田を狙ったのか?それは簡単だ。吉田は国民栄誉賞も受賞した最強の選手、日本選手団の主将でもある。吉田を何とかすれば日本に大ダメージを与えることができると考えたのだろう。だが反日勢力は吉田の登場が後半であることに気付かなかったのだろう。すでにメダルを大量に獲得した日本にとっては痛くもかゆくもなかったのだ。実にマヌケな反日勢力である。

 オリンピックが終わったら犯人探しが必須である。もしも吉田の敗因が分析されずにおざなりになってしまったら、必ずや次のオリンピックで日本代表がひどい目に合うからだ。日本を反日の手から守るためにも吉田に妨害工作をした輩を許してはならない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック