検索
 

2016年09月25日

爆発事故は日韓友好を進めようとした天罰だ





 日比谷公園で爆発事故があった。死者は出なかったが、出たほうが良かったかもしれない。なぜならばこの爆発は天罰だったからだ。と、いうのも今回の爆発が起きた際にやっていたイベントが日韓交流イベントだったからである。

 韓国は言わずと知れた敵国、したがって今回のような日韓友好イベントなんかやると韓国は友好の名のもとにスパイ活動をしてくることになる。これは日本にとって大変な損失である。「韓国とかかわると不幸なことになる」という歴史的な絶対真理があるが、それはこのような理由によるものなのだ。そして爆発事故という形で実証された。

 しかしこの事件は決して偶然ではない、天罰と私が書いたように日韓友好を進める反日売国活動に点が怒りを表して爆発事故を起こしたのである。つまり起きるべくして起きたのである。このまま同様のイベントが続くようならば今回の件をもはるかに上回る大惨事が起きるであろう。

 韓国と仲良くして日本を災害列島にするか、韓国と国交断絶して災害のない日本にするかもはや考えるまでもないであろう。「韓国とは仲良くしてはいけない」というのが愛国者たちの共通認識。それを忘れるようならば今回の事故がちゃんちゃらおかしいほどの重大災害が起きるであろう。これは決してハッタリではない。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442222197

この記事へのトラックバック