検索
 

2016年09月27日

沖縄にこそ大地震が起きてほしい





 昨日奄美諸島で震度5弱の地震があった。津波の心配はないとのことだが、今後も地震が起きる可能性があるとのこと。気が気でないだろう。だがそれは奄美諸島で地震が起きた場合の話、むしろ積極的に地震が起きるべき場所がある。そう、沖縄だ。なぜならば沖縄の反日運動はあまりにもひどいからだ。

 沖縄県は基地問題で国と争うのみならず、高江では猿による狼藉が公然と行われている。これは反日団体から日当をもらっているからというのが定説となっている。このようなことが起きる魔境。それが沖縄なのだ。だからこそ反日猿の我欲を洗い流すためにも地震できれば津波も必要なのだ。

 仮に大震災が起きたとしても、愛国者ならば決して支援をしてはならない。沖縄は反日二級地域だから災害で苦しむべきなのだ。もちろん最低限度の生活も保障してはならない。それが反日活動に対する報復である。賞罰をしっかりできてこそ愛国者なのだ。

 そんなわけで沖縄には大地震が起きてほしい。いや起きるべきだ。それで日本人は大喜びできるのだから。まさに天罰といえるだろう。早くその日が来ることを待ち望んでいる。
タグ:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お前、日本人じゃないだろw
Posted by あ at 2016年10月03日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442276916

この記事へのトラックバック