検索
 

2016年09月30日

高江の警察官がうらやましい





 県外からの活動家が占拠をしている沖縄県高江のヘリパッド。機動隊員がついに活動家を拘束した。そこで思ったことは拘束した機動隊員が非常にうらやましいということだ。なぜならば楽しそうに敵を倒しているからである。これこそ最高の娯楽なのだ。

 機動隊員はロープを持参し、活動家を縛ったり、首を絞めたりして正義の鉄槌を浴びせた。その際に非常に楽しそうに行動したという。当然だろう、活動家たちは反日左翼から日当をもらっているからだ。今回の件はそういう証拠はないが、愛国者たちの報告から間違いないだろう。

 日本に救う反日活動家たちは倒さないといけない。だから活動家たちはこの程度で済んでよかったと思え。本来ならば天安門事件のように殺されて当然のことをしているのだ。機動隊員たちも殺したくてたまらなかっただろうが、立派な人間だから自制したのである。もちろん殺したとしても愛国無罪である。活動家たちは殺されなかっただけでもありがたいと思え。

 高江の狼藉を見る限り、日本にも天安門事件は必要であると強く感じざるを得ない。反日売国奴を正義の鉄槌で公開処刑することで日本の民度と愛国心は劇的に上昇する。安倍政権は沖縄に対して毅然と武力をもって行動してはどうだろうか?そうすることで将来起きうる戦争への良い予行練習になるのだから。
ラベル:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、コメントの不漁つづきですね。
腕が落ちたんじゃないんですか?
Posted by いつまでブログを続けるの? at 2016年09月30日 23:30
>腕が落ちたんじゃないですか?

腕じゃなくて、語るに落ちたんでしょうw

愛国先生がこうまで中共マンセー振りを見せ付けられたらネトウヨの振りした自演だとバレバレですw

Posted by ネトウヨには「パヨク」と呼ばれますが何か? at 2016年10月02日 03:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック