検索
 

2016年10月28日

皇族でも言ってはならないこともある





 昭和天皇の弟である三笠宮さまが薨去された。100歳という大往生であった。100歳を超えるのは明治以降では初めてであり、歴代天皇でも神武、孝昭、孝安、孝霊、孝元、開化、崇神、垂仁、景行、成務、応神、仁徳天皇しかいない偉業である。しかしそのことと今までの言動は当然分けて考えなくてはいけない。それが聖戦である大東亜戦争に対する言動だ。とてもおかしい歴史観を持っていたのだ。

 「いわば「聖戦」というものの実体に驚きはてたのである。罪もない中国の人民にたいして犯したいまわしい暴虐の数かずは、いまさらここにあげるまでもない。かかる事変当初の一部の将兵の残虐行為は、中国人の対日敵愾心をいやがうえにもあおりたて、およそ聖戦とはおもいもつかない結果を招いてしまった」

 「新政策が発表されるや、軍司令官はただちに「四悪」を禁止するという厳重な命令をくだした。四悪というのは略奪、暴行、放火、強姦のことである。(中略)ある第一線の大隊長のいうことがふるっていた。今までは敵のいた家は焼きはらって進んだので、自分の大隊の第一線がどの辺を前進しているかすぐ分かった。ところがこんど放火を禁ぜられてみると、第一線がどこにいるかさっぱり分からない、と。まったく笑えないナンセンスであった」

 「聖戦という大義名分が、事実とはおよそかけはなれたものであったこと、そして内実が正義の戦いでなかったからこそ、いっそう表面的には聖戦を強調せざるを得なかったのではないか」

 これは反日左翼の言葉ではない、皇族のお言葉なのである。どう考えてもおかしい、聖戦を最も実行する立場の方がそれを否定しているのだ。明らかに頭がおかしくなったとしか思えない。まさに皇族失格といえる発言のオンパレードだ。そういう意味では老害であり、死んでよかったといえるだろう。

 日本の歴史観を汚すものは皇族であっても許されることはないのである。正しい歴史観を持ってこそ日本人は立派な人格を持つことができるのだ。皇族でも人格欠如はあり得るということは理解しないといけない。
ラベル:皇室
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック