検索
 

2016年11月16日

日本がサウジアラビアを下す!





 サッカーロシアワールドカップの最終予選は日本ーサウジアラビアは2−1で日本の勝利となった。最後のところで1点を微妙な形で取られてしまったが、危なげない勝利であったといえるだろう。とはいえ最後のアディショナルタイムは長かった分ヒヤヒヤしたが。とはいえこれで日本は勝ち点10、試合展開で3位のままかもしれないが、勝ち点差を詰めることができたのは大きい。原口や大迫が好調なのでこのまま半端ない活躍をしてもらいたいものだ。

 とにかく次のワールドカップも出場を、そして結果を求められる。前回の大会は惨敗と言っていい内容だった。しかも許しがたいのが安倍政権下での敗戦だったということだ。安倍政権はサッカー日本代表に非常に手厚くしてくれている。そして安倍首相を守っている靖国神社の英霊たちも同様だ。だがこのままでは民主党政権下の南アフリカワールドカップよりも悪い成績で安倍首相に恥をかかせてしまう。

 日本代表は国民のためではなく、政府と英霊のために勝つべきである。そしてもしもワールドカップ出場を逃すようなことがあれば英霊への冒涜となり監督や選手は腹を切る必要があるだろう。とはいえ今回の勝利はその可能性を減らすことになったのは間違いない。日本は必ずや出場権を獲得してくれると信じている。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック