検索
 

2016年11月26日

千葉大の集団レイプは在日の仕業である可能性が高まった





 千葉大学医学部生による集団レイプ事件が起きた。直近の慶応のレイプ事件や早稲田のスーパーフリー事件など大学生によるレイプ事件は悲しいことに珍しいことではない。しかしこの事件はいつもと違って容疑者の名前はおろか一切の情報を警察が公開していないのである。当然、そうなる理由があるはずだと様々な憶測を呼ぶこととなった。

 しかしここにきてその有力な理由が急浮上した。それは犯人が在日であったからということだ。愛国者として知られるベストセラー作家の百田尚樹氏はこう語る。




 確かにそうだろう。そもそも日本の犯罪の95%は在日によって行われているのは常識だ。むしろそのような意見が今まで出ていなかったことに驚きを隠せない。さすがは日本を代表する愛国者の百田氏だ。百田氏はその清廉潔白な人柄から多くの支持者を集めてきたが、これからもますますファンが増えるだろう。

 千葉県警は一刻も早く犯人の実名を発表すべきである。このまま隠ぺいするようならば千葉県警には抗議の電話が殺到するだろう。そうなってほしくなければ早く実名を出して愛国者を納得させるようにしなければいけない。もちろん実名である。日本名を出したら千葉県警は在日県警と汚名を切ることになろう。
タグ:在日
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444329374

この記事へのトラックバック