検索
 

2016年11月27日

安倍首相こそカストロ氏の後継者である。





 キューバの元指導者であるフィデル・カストロ前国家評議会議長が亡くなった。90歳という大往生だった。キューバで革命を成し遂げ、実に半世紀もの間キューバを支配した革命家である。共産主義者という点は差し引いてもこれだけのことをなしとげた政治家はそうはいないだろう。

 しかし日本には安倍首相という素晴らしい政治家がいる。そして安倍首相はまさに日本のカストロといえる逸材である。もちろん安倍首相は共産主義者という意味ではなく、世界的に影響を与えるカリスマ政治家であるという点だ。実は安倍首相はカストロ氏から直々に後継者として認定されている。

 実は安倍首相はキューバを訪問し、カストロ氏と会談していたのだ。そこで直接的な言葉ではなかったが、安倍首相を称賛し自らの後継者として事実上認めたのである。これも安倍首相のすばらしさをカストロ氏は知っていたということだ。それだけではない、世界中を見渡しても安倍首相こそ自らと最も似ていると感じているのだろう。

 安倍首相はまさに21世紀の革命家である。日本の政権を転覆させたことはないので厳密には革命家というのはおかしいのかもしれないが、それでも安倍首相を超える政治が日本以外にどれだけいるかを考えればそういえるのも当然だろう。今回のカストロ氏の死は安倍首相がいかに偉大であるかを教えているのだ。
タグ:安倍晋三
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444360919

この記事へのトラックバック