検索
 

2016年12月02日

カジノは日本に必要なギャンブルである





 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が衆院で審議入りしている。日本にはカジノが絶対に必要である。なぜならばこの法案に民進党が反対しているからである。民進党は日本一の反日政党、その民進党が反対するということはカジノがいかに素晴らしいかを物語っているのだ。

 それではなぜ民進党が反対するかだが、これはもう答えが出ている。パチンコである。半島由来のギャンブルであるパチンコをカジノから守るために反対しているのだ。これは著名な経済学者もそういっているのだから間違いない。




 したがってカジノ法案でカジノを日本に流通させて、そのあおりでパチンコをつぶす。そうすることで日本はよくなるのだ。そしてパチンコ業界からの支援を受けている民進党は壊滅的ダメージを受けることになるだろう。

 日本にはカジノが絶対に必要だ。カジノがあれば経済的なメリットはもちろん、日本人の精神性をも高めることができる。日本を貶めたい民進党が反対しているのだ。民進党の逆をいけば日本人の民度が上がる法則があるので日本のためになるということだ。日本のために国民はカジノをたくさんやるべきなのだ。
タグ:民進党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444511452

この記事へのトラックバック