検索
 

2016年12月13日

田中萌はAV女優に転身するべきである





 2016年の今年の漢字が発表されて「金」が選ばれた。これで3回目である。4年後も金が選ばれるのはほぼ確実であろう。そんな中気になったのは8位の不と9位の厘である。そう、「不倫」である。今年は不倫が大騒ぎになった年と言っていいだろう。まさに「不倫は文化」と化したのだ。そんな中12月に大物が現れた。テレビ朝日のアナウンサー・田中萌である。

 不倫内容自体は同僚との不倫という大したことではなかったのだが、文春の取材を知らずに能天気に文春砲についてニュースで話していたことポイントを大きくした。ついには4股疑惑まで出てくる有様。事実かどうかは不明だが、十分にあり得る話だ。当然出演していた番組は事実上の降板。テレビ朝日は何もなかったかのように番組を流している。



 ちなみに田中の代役となった島本真衣だが、この女は自民党議員と結婚をするという日本女性にとっては最高の栄誉に預かりながら離婚をしたという極悪非道の反日売国女である。いかにも在日っぽい顔をしているので注意が必要だろう。

 さて、そんな本性が明らかになってしまった田中にも拾う神はある。そう、AVに進出するのだ。今までキー局のアナウンサーがAV女優になったという件はないはずなので実現したらまさに前代未聞の金字塔を打ち立てたことになるのは間違いない。

 田中はうるんだ瞳が武器で上層部はそれにやられてしまうのだという。それが事実ならばAVでも同じことをやれば間違いなく現在の10倍以上は稼ぐことはできるだろう。それを多くの男たちは待っているのではないかと思う。

 人生の危機には一肌脱いで裸一貫で活躍するという用語がある。田中萌は自らの服を脱いで真に全裸で勝負をすべきだろう。そうすれば大逆転勝利を国民全員が共有することができる。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック