検索
 

2016年12月19日

鹿島の活躍に日本サッカーの底力を感じる





 クラブワールドカップはレアル・マドリードがクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックの活躍で優勝をした。しかし負けたとはいえ鹿島アントラーズは一時は逆転をして互角以上の試合を見せつけたのだ。延長戦に突入したことがそれを証明している。そもそもロナウドのハットトリックは鹿島がレアルを追い詰めたから延長戦でようやく点を取ることができたのだ。

 残念なのはPKで失点してしまったことだろう。あのPKがなければ鹿島の大金星となったところだが、それでも2ゴールの柴崎をはじめ、曽ヶ端や昌子の活躍は見事だったと言っていいだろう。鹿島の選手は1戦ごとに成長していったことがよくわかった。本当に鹿島はよく戦ったと思う。鹿島の戦いぶりは日本サッカーの底力を示したと言っていいだろう。

 だが今回の鹿島の活躍で大恥をかいたところがある。韓国メディアである。鹿島が開催国枠で出ていることにいちゃもんをつけているのだ。アジア王者が韓国のチームだから嫉妬しているのだろう。のかつだが嫉妬したって鹿島の活躍は変わりようがない。素直に褒められないのが韓国の業の深さである。こんな国はサッカーをするべきではない。

 準優勝であるが、鹿島アントラーズは本当におめでとうといいたい。とてもいい試合であった。おそらくあの審判は韓国から買収されていたのであろう。そう考えれば実に納得してしまうのだ。
タグ:サッカー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445035636

この記事へのトラックバック