検索
 

2017年01月23日

祝、稀勢の里が横綱昇進へ





 大相撲初場所はすでに優勝を決めていた大関・稀勢の里が白鵬を倒して14勝1敗とした。これで稀勢の里の横綱昇進は決定したと言っていいだろう。通常ならば2場所連続優勝という内規がある。しかし稀勢の里を横綱にしろというのが空気である。空気に逆らうことはできない。だから稀勢の里の横綱は決まったのだ。

 稀勢の里の横綱昇進で日本出身力士は19年ぶりの横綱になった。もちろん稀勢の里が比較的甘い基準で横綱になれたのは日本出身だからだ。それ以外にはありえない。つまり稀勢の里は日本人であることを誇りに思う義務があると言っていいだろう。だから日本人として横綱を務めてほしい。それが愛国者の義務である。
 
 何回も言うが、稀勢の里は日本出身だから横綱にしようという空気で決まった。なので最低でも何場所かはしっかり横綱を務めないといけない。八百長や不正だけではこの世の中をやっていくことはできないのだから。
ラベル:相撲
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック